「高山陣屋」は現存する「唯一」の江戸時代の「代官所」

高山陣屋 門 観光スポット
スポンサーリンク

「陣屋」って何?

「陣屋」とは、江戸時代に「郡代・代官」が治政を行った場所

「郡代・代官」とは江戸幕府の「直轄領(天領;幕領)」を支配する地方行政官のことをいいます。

江戸幕府の「直轄領」ということは、それだけ幕府が重要視していた土地であるといえます。

「郡代・代官」は日本に4つしかありません。

江戸郡代(東京都馬喰町)、美濃郡代(岐阜県笠松)、西国郡代(大分県日田)、飛騨郡代(岐阜県飛騨)。

この4つの中で一番最後に「郡代」になったのがここ飛騨郡代、「高山陣屋」。

1777年(安永六年)に「飛騨郡代」に昇格しました。

「高山陣屋」どこが「貴重」なの?

高山陣屋 門

それでは、「高山陣屋」が高山の観光名所として、なぜ多くの観光客が訪れるのか?

その理由は、日本全国で江戸時代当時の代官所の建物が残っているのは、ここ「高山陣屋」だけなんです。

それだけ、「貴重」な建物なんです。( 現在の「建物」は、平成8年(1996年)に「江戸時代」の姿に「復元」したもの)

このような「郡代・代官所」は、幕末に全国に60数カ所あったと言われています。

ちなみに、昭和4年に「国史跡」に指定されています。

現在「陣屋前」では、「朝市」が開かれ、多くの店が並び賑わっています。

江戸時代の「お代官様」の生活を知る

「高山陣屋」を見学してわかることは、江戸時代の「お代官様」やそれに使える「役人」の仕事、生活が分かるということでしょうか。

高山陣屋 床の間

「嵐山の間」といわれている「居間」の床の間。

高山陣屋 縁側
高山陣屋 庭園

立派な「庭園」です。

高山陣屋 資料

当時使用していた器具がならんでいます。

高山陣屋 台所

台所も広かったようです。

高山陣屋 御白洲

こちらは「御白洲」と呼ばれ、罪を犯した人を裁く場所。

「時代劇」のワンシーンによく出てくる場所ですね。

この場所が一番盛り上がりました。

「高山陣屋」に行ってきた「感想」

「高山陣屋」に行ってみた感想ですが、高校生以上の方向けの観光施設かなという印象です。

小中学生やそれ以下のお子様には、ちょっとピンとこないかなという気がします。

ただ、老若男女問わず、「高山」や日本の「歴史」を学びたい方にとってはいい施設だと思います。

また、「高山」に行って、「高山」の有名な「観光スポット」を観光したいという方にはいいと思います。

「高山陣屋」アクセス 開館時間 休館日 入場料

「飛騨高山駅」から、徒歩約10分の距離

住 所 〒506-0012 岐阜県高山市八軒町1-5
電 話  0577-32-0463
開館時間  3月1日 から 10月31日 8:45~17:00 11月1日~ 2月28日 
8:45~16:30
休 館 日 12月29日〜1月3日 ※入場者状況により変更あり
入 場 料 大人 440円 高校生以下 無料

公式ホームページ https://jinya.gifu.jp/

旅兵衛
旅兵衛

みなさまの「旅」が楽しいものになりますように!

ご注意:掲載されている情報が「最新」のものとは限りません。実際に行かれる場合には、事前に「ご自身」で「現地」の情報をご確認ください。「当サイト」の情報を元に不利益を被っても一切責任には応じかねます。

関連記事もあわせてご覧ください。

岐阜「紅葉」観光モデルコース/【車】で行く2泊3日の旅~安房峠(あぼうとうげ)、天生峠(あもうとうげ)で「絶景!」紅葉見物、高山、世界遺産白川郷観光、最終日の宿泊は「氷見温泉」 くつろぎの宿「うみあかり」さんで「温泉」と「富山湾」の「お魚料理」を堪能!
岐阜の「絶景!」紅葉スポットを「車」で行く、2泊3日の旅。安房峠(あぼうとうげ)、天生峠(あもうとうげ)で紅葉見物し。人気の観光地「高山」、「世界遺産白川郷」を観光。最終日の宿泊は「氷見温泉」くつろぎの宿「うみあかり」さんで富山湾の「魚料理」と「温泉」を満喫!
白川郷【観光モデルコース】/【時間別】60分、120分、180分観光モデルコースをご紹介!
世界遺産白川郷、【観光モデルコース】をご紹介します。180分、120分、60分の3パターン。観光できる時間に合わせておすすめのコースをご紹介します。日本の「原風景」を感じさせる「合掌集落」を満喫しましょう!
タイトルとURLをコピーしました