【奥入瀬渓流】観光モデルコース/4時間(半日)散策モデルコース!観光名所もバッチリ!行きは渓流沿いを下って、戻りは「路線バス」で!

「奥入瀬渓流」「十二湖・青池」「青森」観光
スポンサーリンク

【奥入瀬渓流】は「14km」もある!

東北が誇る人気の観光スポット【奥入瀬渓流】。

流れる水の美しさと、木々の美しさをこの目で見てみたいと思い旅を計画される方も多いのでは?

さて【奥入瀬渓流】を観光しようと考えた時、多くの人が悩むのが散策コース。

奥入瀬渓流】の渓流沿いの遊歩道は全長14kmもあります。

その全てを見て歩くにはかなりの時間がかかります。

1日かけて全てを見れる方もいれば、半日位しか時間が取れないという方もいらっしゃるのでは?

そこでこの記事では、【奥入瀬渓流】を4時間(半日)程度で、【奥入瀬渓流】の有名な観光スポットもしっかりまわれる4時間「散策モデルコース」についてまとめています。

【奥入瀬渓流】4時間(半日)「散策モデルコース」の概要

この記事でご紹介する、4時間(半日)「散策モデルコース」の概要は以下の通りです。

・【奥入瀬渓流】上流部を観光
・スタートは「十和田湖」「子ノ口(ねのくち)」
・「散策」のゴールは「馬門岩」
・全長約7.5KMを約3時間かけて歩く(1時間2.5km)
・写真撮影、休憩、トイレの時間は約1時間
・「馬門岩」から「子ノ口(ねのくち)」までは「JR路線バス」で戻る

旅兵衛
旅兵衛

実際に私が「マイカー」で【奥入瀬渓流】を観光した時の観光コースです

奥入瀬渓流 案内図
旅兵衛
旅兵衛

上の写真の左側の「現在地」から右側の「馬門岩」まで歩くコースです

今回ご紹介する【奥入瀬渓流】4時間(半日)「散策モデルコース」のおすすめポイントは、

銚子大滝、九段の滝、白糸の滝、雲井の滝、九十九島、阿修羅の流れ、馬門岩など、【奥入瀬渓流】の人気の観光スポットをまわることができる

渓流沿いを「下っていく」ので楽チンです!

1時間で約2.5km歩く計画なので無理がない!

ただ歩くだけでなく「写真撮影」、「休憩」に1時間とれる!

「トイレ」はスタートの子ノ口(ねのくち)と、途中の玉簾(たまだれ)の滝にあるので安心!

スタート地点の子ノ口までの戻りは「JR路線バス」なので安心・楽チン!

旅兵衛
旅兵衛

特に大切なのは「トイレ」!「女性」や「小さなお子様」がいる場合は特に要チェックです!

また、「子ノ口(ねのくち)には駐車場があるので、自家用車、レンタカーで行かれる方も車を停めてから観光できるということもおすすめポイント。

奥入瀬渓流】観光を計画する際に「ポイント」となる、駐車場、トイレ、売店、食事処、コンビニ、路線バスなどの情報をまとめています。

よろしければ、そちらもご覧ください

【奥入瀬渓流】「駐車場」は「無料」?「トイレ」どこに?「売店」は?近くに「コンビニ」あるのは?「路線バス」は便利!
【奥入瀬渓流】観光を計画する時に重要な駐車場、トイレ、売店、食事処、コンビニ、路線バスの情報をまとめました。奥入瀬渓流の観光プランを考える時、ポイントとなる情報です。みなさまの奥入瀬渓流観光が楽しいものとなるように!♪

【奥入瀬渓流】「4時間(半日)散策モデルコース」 動画でご覧ください

【奥入瀬渓流】4時間(半日)「散策モデルコース」「所要時間」

今回ご紹介する【奥入瀬渓流】4時間(半日)「散策モデルコース」はこちら。

10:00 十和田湖畔「子ノ口(ねのくち)」到着
10:15 「子ノ口橋(ねのくちばし)から散策スタート
10:45 「銚子大滝」到着
11:00 「九段の滝」到着
11:30 「白糸の滝」到着
12:00 「玉簾(たまだれ)の滝」で「トイレ」休憩
12:30 「雲井の滝」到着
13:00 「九十九島(くじゅうくしま)」到着
13:05 「阿修羅の流れ」到着
13:37 「馬門岩」バス停から「JR路線バス」に乗る
13:55 「子ノ口(ねのくち)」バス停 到着

10時に「スタート」して、14時に「スタート」地点まで戻るコース

「スタート」から「ゴール」まで具体的にご紹介します。

旅兵衛
旅兵衛

この「時間」は実際に私が「観光」した時の「時間」です

10:00頃 十和田湖畔「子ノ口(ねのくち)」駐車場に車を停める

奥入瀬渓流 子ノ口 駐車場

【奥入瀬渓流】の方に歩いて行く途中にある「トイレ」に立ち寄る。

旅兵衛
旅兵衛

出発前に「トイレ」忘れずに済ませておきましょう

10:15頃 「子ノ口橋」から遊歩道へ

奥入瀬渓流 子ノ口 遊歩道

10:45頃 「銚子大滝」到着

【奥入瀬渓流】人気の観光スポット「銚子大滝」。

奥入瀬渓流 銚子大滝

銚子大滝は高さ7メートル、幅20メートル。

奥入瀬渓流の本流にかかる唯一の滝。

十和田湖への魚の遡上を妨げ、魚止の滝とも呼ばれています。

旅兵衛
旅兵衛

「子ノ口(ねのくち)」から約30分かかりました

11:00頃 「九段の滝」到着

奥入瀬渓流 九段の滝

九段の滝」はその名の通り、段々になっている岩の上を滑り落ちるかのように水が流れていく滝で落差は15mあります。

11:30頃 「白糸の滝」到着

奥入瀬渓流 白糸の滝

「白糸の滝」はまさに白糸のように、滝幅が狭く糸のような流れが美しい滝で、落差が約30mあります。

12:00頃 「玉簾(たまだれ)の滝」で「トイレ」休憩

旅兵衛
旅兵衛

この先「トイレ」はないので、必ず済ませておきましょう!

12:30頃 「雲井の滝」到着

奥入瀬渓流 雲井の滝

「雲井の滝」は高さ20メートル、三段になって落下する滝。

水量も豊かで渓流沿いにある滝のなかでも【奥入瀬渓流】を代表する滝のひとつといわれています。

13:00頃 「九十九島(くじゅうくしま)」到着

奥入瀬渓流 九十九島

九十九島(くじゅうくしま)」は苔がはえた岩が川のところどころにあり、緑の草木で飾られた景色はまるで「日本庭園」のようです。

「岩ごとに苔あり木ある川中の千島かすめて川ガラス飛ぶ」と明治の文人、大町桂月(おおまちけいげつ)が詠んだ場所として有名だそうです。

旅兵衛
旅兵衛

私が選ぶ【奥入瀬渓流】ベストスポットは、「九十九島(くじゅうくしま)」です!

13:05頃 「阿修羅の流れ」到着

奥入瀬渓流 阿修羅の流れ

【奥入瀬渓流】を代表する観光スポットがこの「阿修羅の流れ」。

激しく水しぶきをあげて流れる急流は迫力満点。

その景色から阿修羅の名が付いたといわれています。

旅兵衛
旅兵衛

「阿修羅の流れ」までスタートから約3時間かかりました

13:37頃 「馬門岩」バス停から「JR路線バス」に乗る

奥入瀬渓流 馬門岩バス停

「阿修羅の流れ」からさらに先に進むと、「馬門岩」に「JR路線バス」の「バス停」があります。

ここから「バス」に乗り、車を停めた「子ノ口(ねのくち)」までもどります。

「車」を停めた「子ノ口(ねのくち)」まで歩いて戻ったら大変なので、バス」で戻ることをおすすめします!

13:55頃「子ノ口(ねのくち)」バス停 到着

「馬門橋」のバス停から、「子ノ口(ねのくち)」バス停まで約18分かかりました。

まとめ

【奥入瀬渓流】を4時間(半日)「散策モデルコース」をご紹介しました。

このコースは実際に私が観光したコース。

10時頃「子ノ口(ねのくち)」駐車場に「車」を停めて、約3時間かけて【奥入瀬渓流】の上流部の「銚子大滝」、「雲井の滝」、「九十九島」、「阿修羅の流れ」などの有名な「観光スポット」めぐり、帰りは「路線バス」で14:00頃、スタート地点の「子ノ口(ねのく)」まで戻ることができました。

約4時間(半日)、実際に散策したコースです。

【奥入瀬渓流】の全長は約14km。

今回ご紹介した「散策モデルコース」は約7.5kmなので、ちょうど「半分」くらいを観光したことになります。

約7.5kmを約3時間かけて歩く計画で、1時間当たり2.5kmなのでそれほど無理ではないと思います。

1時間位は「記念写真」を撮ったり、「動画」を撮影したり、ゆっくり「お茶」を飲みながら「休憩」する余裕もあります。

また、「上流部」から下っていくので、下りが続くので歩くのは楽。

さらにスタート地点の「子ノ口(ねのくち)までは、「JR路線バス」で戻るので楽チン!

出発時と途中に「トイレ」もあるので安心です。

【奥入瀬渓流】の全ての「観光スポット」はまわれませんが、有名な「観光スポット」ほぼまわれます。

以上、【奥入瀬渓流】を4時間(半日)で散策することを計画されている方のご参考になれば幸いです。

【奥入瀬渓流】アクセス

東京からで行く場合、【奥入瀬渓流】「子ノ口駐車場」までは、首都高速、東北自動車道を通って「十和田IC」で降りて、国道103号線を進みます。
東京から「子ノ口駐車場」まで約660km約9時間の距離となっています。
「十和田IC」から「子ノ口駐車場」まで約42km約1時間30分の距離となっています。

東京から電車で行く場合、【奥入瀬渓流】「焼山」までは、東北新幹線「八戸」駅約3時間)で降り、ジェイアール東北バス「おいらせ号」約1時間25分の距離となっています。

関連記事も合わせてご覧ください。

【十二湖・青池】「観光モデルコース」/「青池」が青くなかった!?なんで?
世界遺産「白神山地」の西の麓にある「十二湖」にある「青池」。その名の通り透き通った見事な「ブルー」が見れるはずでしたが、残念な結果に!その理由は何なのか?「十二湖・青池」観光モデルコース、おすすめ観光ポイント、所要時間、注意点についてまとめました。
東北観光・慰霊モデルコース/岩手、青森、宮城を【車】でまわる3泊4日の旅~【世界遺産平泉】、青池、奥入瀬渓流、奇跡の一本松、南三陸防災対策庁舎、【日本三景松島】を巡る旅
東北の人気の観光スポットをめぐり、東日本大震災で被災した地域を慰霊する【観光モデルコース】をご紹介します。岩手、青森、宮城を【車】で3泊4日でまわります。【世界遺産平泉】、【世界遺産白神】に近い青池、奥入瀬渓流、奇跡の一本松、南三陸防災対策庁舎、【日本三景松島】をめぐり...
三陸【慰霊・観光】モデルコース/釜石~陸前高田~南三陸町~松島~多賀城
東日本大震災で大きな被害を受けた釜石、陸前高田、南三陸町を【慰霊・観光】し、日本三景「松島」の観光船でサンセットクルーズを楽しむ、三陸観光モデルコースをご紹介します。三陸の海の幸を使った「三陸グルメ」、「仙台グルメ」で外せない「牛タン料理」もいただきましょう!
旅兵衛
旅兵衛

みなさまの【奥入瀬渓流】への「旅」が楽しいものとなりますように!

ご注意:掲載されている情報が「最新」のものとは限りません。実際に行かれる場合には、事前に「ご自身」で「現地」の情報をご確認ください。「当サイト」の情報を元に不利益を被っても一切責任には応じかねます。

タイトルとURLをコピーしました