【平泉】観光モデルコース/【世界遺産】とおすすめ「観光スポット」を4時間(半日)で「車」でまわる!

平泉 中尊寺 金色堂 世界遺産「平泉」観光

世界遺産に登録され、東北でも有数の観光地「平泉」。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、菅田将暉さんが演じる「源義経」が最期を遂げたのが「平泉」で注目が集まっています。

「平泉」といえば「国宝」に指定されている中尊寺「金色堂」が何といっても有名ですね。

一度は観光してみたい「平泉」ですが、いざ観光しようと思った時、どこをどう観光したらよいか迷ってしまう方も多いのでは?

この記事では、実際に私が「車」を利用して「平泉」を約4時間(半日)で観光したコースを「観光モデルコース」としてまとめています。

スポンサーリンク

「世界遺産」に登録された資産とは?

「平泉」は2011年に「世界文化遺産」に登録されていました。

登録資産名は、
平泉 ─ 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 ─

「世界遺産」に登録された理由は、仏教の浄土思想の考えに基づいて造られた多様な寺院・庭園及び遺跡が、一群として良好に保存されているという理由です。

わかりやすく言うと、今からおよそ900年前のお寺や庭園、その遺跡、また当時の絵画、書跡、工芸、彫刻などの美術品や文化遺産が良い状態で残されているということではないでしょうか

では、世界遺産に登録された資産は何かというと次の5つです。

中尊寺(ちゅうそんじ)
・毛越寺(もうつうじ)
・観自在王院跡(かんじざいおういんあと)
・無量光院跡(むりょうこういんあと)
・金鶏山(きんけいさん)

この中で「平泉」といってすぐに思い浮かぶのは、「中尊寺」という方が多いいのでは?

「中尊寺」以外については、あまり聞きなれない場所だと思います。

「世界遺産」は全てまわるべき?

「平泉」を観光するなら、「世界遺産」に登録された5つのスポット全てまわりたいと思う方もいっらしゃると思います。

しかし、私が「平泉」を調べ、実際に観光して感じるのは

「中尊寺」と「毛越寺(もうつうじ)」は観光すべき。それ以外の3つの「世界遺産」は遺跡、山であるためわざわざ時間をとって見ても…

4時間(半日)で効率よく観光するなら、見るべき観光スポットに時間をかけた方がいいと思います

なので、「世界遺産」としては、「中尊寺」と「毛越寺(もうつうじ)」の2つをまわればよいのではと思います。

もちろん時間が十分にあって、「世界遺産」にこだわって「平泉」を観光したい方は別ですが…

旅兵衛
旅兵衛
限られた時間で観光するなら、見るべき「観光スポット」に時間を

「世界遺産」に登録されていないけど、おすすの観光スポット

ところで、「平泉」に行ったら是非とも訪れていただきたいおすすめの「観光スポット」があります。

「高館義経堂(たかだちぎけいどう)」

平泉観光スポット 高館義経堂

「世界遺産」に登録されてはいませんが、日本の歴史に名を残した「源義経」が最期を遂げたとされる地であります。

また、「義経」の家来である「武蔵坊弁慶」が「義経」が自害する間、敵の前に立ちふさがり、体に矢を受けながら自らも絶命した(これを弁慶の「立ち往生」といいます)地でもあります。

さらに、江戸時代には「松尾芭蕉」がこの地を訪れ、かの有名な「夏草や兵どもが夢の跡」という句を詠んだ地でもあります。

「高館義経堂(たかだちぎけいどう)」は「世界遺産」には登録されていませんが、「源義経」や、「武蔵坊弁慶」、「松尾芭蕉」とゆかりのある地で、歴史好きの方にはたまらない場所で、「平泉」観光スポットとして是非ともおすすめしたい場所です。

こじんまりとした観光スポットで、15分もあれば十分観光できてしまう広さですが、「平泉」の歴史を感じるにはおすすめの「観光スポット」です。

「武蔵坊弁慶」のお墓

武蔵坊弁慶のお墓

「義経」の第一の家来である「武蔵坊弁慶」。

「義経」が最期を遂げるため、敵の前に立ちふさがり立ったまま絶命(弁慶の立ち往生)。

最後まで主君に忠誠をつくした「武蔵坊弁慶」のお墓が、「中尊寺」の入り口にひっそりとあります。

こちらも是非とも、「平泉」観光でおすすめしたい「観光スポット」です。

「平泉」グルメも忘れずに

観光の楽しみといえば、有名な観光地をまわるだけではありません。

その土地の名物料理を食べることも楽しみの一つですね。

そこで「平泉グルメ」として何が有名なのか?

「平泉」グルメとして、おすすめは「わんこそば」

そうです、「平泉」がある岩手のグルメとしても「わんこそば」は有名ですね。

そんな「わんこそば」を、独自のスタイルで提供するお店として人気になっているのが、JR平泉駅前にある「駅前芭蕉館」さん。

駅前芭蕉館 わんこそば

「わんこそば」といえば、小分けされたおそばを楽しい掛け声とともに、リズムよく次々に盛られていくのが一般的なスタイル。

でもこちらの「駅前芭蕉館」さんでは、あらかじめお椀にもられたそばを提供するスタイル、「盛だし式平泉わんこそば」を初めて考案したお店。

今回観光する3つの観光スポットからも近いので、こちらで「平泉グルメ」、「岩手グルメ」を堪能してはいかがですか?

旅兵衛
旅兵衛

お昼時(12:00~13:00)は混雑するので、その時間帯は避けたほうがいいと思います。

「平泉」観光モデルコース、車で行く「サクッ」と4時間(半日)コース

今回ご紹介するコースは、昼食の時間も含めて約4時間(半日)で観光できる観光モデルコースです。

「平泉」観光モデルコース
11:00 昼食 「駅前芭蕉館」(30分)
11:40 毛越寺(もうつうじ))観光 (45分)
12:40 高館義経堂(たかだちぎけいどう)観光(15分)
13:00 中尊寺観光(2時間)※休憩時間含む
15:00 武蔵坊弁慶 お墓参り(5分)

今回ご紹介するコースと時刻は、私が実際にまわった時間です。

時刻については、みなさまの観光スケジュールの目安になれば幸いです。

11:00頃 駅前芭蕉館さんで昼食  ※お昼時の混雑時を避ける 

平泉グルメ 駅前芭蕉館
旅兵衛
旅兵衛

まずは「腹ごしらえ」!そうすれば後の「観光」に集中できます!

関連記事も合わせてご覧ください。

平泉グルメ/「世界遺産平泉」で観光したら「駅前芭蕉館」さんでわんこそば!
世界遺産平泉グルメといえば「わんこそば」がおすすめ!中でも「盛だし式わんこそば」元祖のお店、「駅前芭蕉館」さんに行ってきました。奥州平泉伝統工芸品である美しく塗られた「秀衡椀」に盛られた「おそば」は見事!とても美味しくいただきました。

11:30頃 毛越寺(もうつうじ))へ移動 約0.7km 車で約5分 徒歩約10分

11:40~12:25 毛越寺(もうつうじ)観光  約45分

平泉観光スポット 毛越寺
旅兵衛
旅兵衛

毛越寺(もうつうじ)の見どころは美しい庭園。観光する時間の目安は45分位です。

関連記事も合わせてご覧ください。

「平泉」【毛越寺(もうつうじ)】の見どころは?気になるアクセス、駐車場、駐車料金、拝観日、拝観時間、拝観料金は?
平泉観光スポット「毛越寺(もうつうじ)」についてまとめています。見どころは?観光するのに時間はどれ位かかるの?アクセスは?駐車場はあるの?駐車料金は?拝観日、拝観時間、拝観料など、気になるポイントをまとめました!

12:30頃 高館義経堂へ移動 約2km 「車」で約10分 「徒歩」約20分

12:40~12:45 高館義経堂(たかだちぎけいどう)観光 約15分

平泉観光スポット 高館義計堂
旅兵衛
旅兵衛

こじんまりとした場所なので、15分程度あれば十分観光できます。

関連記事も合わせてご覧ください。

高館義経堂(たかだちぎけいどう)【平泉】最期を遂げた「義経」が祀られているお堂
「平泉」観光スポットとしておすすめしたいのが【高館義計堂(たかだちぎけいどう)】。「鎌倉殿の13人」で注目の「平泉」。「源義経」が最期を遂げた地に建てられたお堂。松を芭蕉もこの地を訪れ、かの有名な句「夏草や兵どもが夢の跡」を詠んだ地。

12:50頃 中尊寺へ移動 約0.6km 「車」で約2分 「徒歩」約5分

13:00~15:00 中尊寺 観光 約2時間

平泉観光スポット 中尊寺
旅兵衛
旅兵衛

平泉観光のメインである中尊寺。境内も広い、見どころもいっぱい!特に「金色堂」「讃衡蔵(さんこうぞう)」はじっくりみたいですね。なので観光時間は2時間はみておいたほうがいいと思います。

関連記事も合わせてご覧ください。

世界遺産平泉【中尊寺】残念!「金色堂」写真撮影は..
2022年「鎌倉殿の13人」で注目の「世界遺産・平泉」。「平泉」で人気の「中尊寺」について、見どころ、アクセス、駐車場、駐車料金、拝観料についてまとめました。中尊寺といえば国宝「金色堂」。「金色堂」の写真撮影は残念ながらできません。.

15:00~15:05 「武蔵坊弁慶」のお墓参り   5分

武蔵坊弁慶のお墓

関連記事も合わせてご覧ください。

【武蔵坊弁慶】のお墓/平泉【中尊寺】入口近くにひっそりと...
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で注目の「平泉」。「義経」に最後まで忠誠をつくした一番の家来【弁慶】のお墓が「中尊寺」入口近くにあります。藤原泰衡の襲撃を受け自害した義経。その時、体に矢を受けながら主君が自害するのを助けたのが...
旅兵衛
旅兵衛

中尊寺入口前に、弁慶のお墓がひっそりとあります。見落としがちですが、中尊寺の帰りに立ち寄ってみてはいかがですか?

まとめ

世界遺産【平泉】を4時間(半日)でまわる「観光モデルコース」をご紹介しました。

今回ご紹介したコースで、実際にかかった時間は早めの昼食を済ませて観光をスタートしたのが11:30頃。

移動手段は「車」。

「毛越寺(もうつうじ)」、「高館義経堂(たかだちぎけいどう)」をめぐり、平泉観光のメインである「中尊寺」をじっくり見て駐車場に戻ってきたのが15:00頃。

「車」を利用して実際に約3時間30分でこのコースを回っています

各観光スポットの混雑状況、交通事情でも時間は変わってくると思いますが、おおむね4時間あれば余裕をもって観光できるコースになっています。

「徒歩」でまわった場合でも、この時間プラス「30分」の時間を見込んでおけばよいと思います

旅兵衛
旅兵衛

今回はスタートを「毛越寺(もうつうじ)」としましたが、「中尊寺」から逆にまわるコースもありです

関連記事も合わせてご覧ください。

【平泉】観光後の宿泊は?/周辺のホテル・旅館・ビジネスホテル情報
世界遺産【平泉】を観光した後に宿泊したい!そんな方のために、平泉観光スポットから近い旅館、ホテル、ビジネスホテルについてまとめてあります。平泉周辺は温泉もあり、その泉質は「美人の湯」「美肌の湯」といわれるくらいお肌にgood!源泉かけ流しの宿...
旅兵衛
旅兵衛

みなさまの「平泉」への旅が楽しいものとなりますように!

タイトルとURLをコピーしました