【青池】は青くなかった!なんで?青池おすすめ観光コース、所要時間はどれ位?

青池 看板 世界遺産【白神山地】?観光
スポンサーリンク

1993年世界遺産(自然遺産)に認定された【白神山地】。

世界遺産に認定された白神山地は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる広大な山岳地帯のことをいいます。

世界遺産白神山地 登録地域

世界遺産白神山地を観光したいと思っても、その大部分は山。

なので、それなりの装備と体力がある方でないとなかなか難しい場所。

しかし、一般の観光客が手軽に世界遺産白神山地を体感できる場所としておすす場所があります。

それが【十二湖】周辺を観光するコース。

十二湖と青池

この記事では、【十二湖】の観光の目玉である「青池」を実際に見に行った時の状況、美しい「青池」を見るにはどうしたらよいのか?

また、青池おすすめ観光コースの内容と所要時間、注意点についてまとめています。

十二湖とは?

【十二湖】は、青森県深浦町の【世界自然遺産白神山地】の西の端にあります。

【十二湖】という名前になっていますが、実際には大小33の湖沼があります。

十二湖 三十三湖
十二湖 三十三湖

なぜ、【十二湖】という名前がついたのか?

それは、近くの「大崩山」の頂上からは12の大きな池が見えるということから【十二湖】という名前がついたといわれています。

「青池」は青くなかった!

大小33の池が点在する「十二湖」ですが、中でも特に有名なのが「青池」。

その名の通り、透き通ったブルーが美しい姿からその名前がつきました。

そんな「青池」をこの目で一目見たいと、はるばる約800kmをマイカーでやってきました。

ところが当日はあいにくの「曇り空」。

しかも、私達が「青池」周辺を観光している間だけ小雨が降っていました。

「なんてついてないんだ!」と思いながら撮った写真がこちら。

青池
青くない青池

でも、水はとってもきれいで澄んでいました。

キレイな「青池」を見るためには?

なぜ、「青池」は青くなかったのか?

それは「青池」が透き通った青く美しい色に見えるためには、「太陽の光」が重要なんです!

晴れていないと、写真で見るような「ただのキレイな池」になってしまいます。

なので、美しい「青池」をみるのは天気次第!運次第!

とにかく晴れた日に行く!これが重要!

でも、実際に旅行を計画した日が晴れるかなんて、誰にも分らないこと。

ちなみに、私達が「青池」を訪れた日は10月18日でした。

せっかく「青池」を観光するなら、なるべく晴れる日が多い時期を選んで計画し、キレイな「青池」を見れるようにした方がいいと思います。

「青池」おすすめ観光コース

水の澄んだ神秘的なブルーが有名な「青池」をメインに、【世界遺産白神山地】に登録されたの「ブナ原生林」を感じることができるおすすめの観光コースをご紹介します。

スタートは「森の物産館キョロロ」

スタートは「森の物産館キョロロ」になります。

「駐車場」があるので「車」で来られる方、「バス停」があるので「電車」を乗り継いで来られる方もこちらが「スタート地点」となります。

トイレや売店もあるので、スタート前に用を済ませておきましょう。

「鶏頭場(けとば)の池」

鶏頭場(けとば)の池
鶏頭場(けとば)の池

スタート地点から坂を下ると見えてくる池が「鶏頭場(けとば)」の池。

ブナやミズナラなどの広葉樹に覆われた大きな池です。

この横をしばらく進むと「青池」です。

青池

青池
青くない 青池

スタート地点の「森の物産館キョロロ」から30分位で「青池」に到着します。

太陽の光が届かない青池」はちょっと残念でしたが、やはり透き通った水の美しさは素晴らしかったです!

ブナ自然林

十二湖 ぶな自然林
十二湖 ぶな自然林

「青池」を見た後は、【世界遺産白神山地】を体感できる「ブナ自然林」へ。

世界遺産に登録されている白神山地のブナ原生林は、山奥のため簡単に行くことができません。

しかし、ここの「ブナ自然林」は遊歩道を歩きながら、白神山地のブナ原生林を体感できます。

距離としては500mほど。

鳥のさえずりを聞きながらゆっくり深呼吸して、森林浴を楽しみましょう。

「沸壺(わきつぼ)の池」

「ブナ自然林」を過ぎると、「沸壺(わきつぼ)の池」があります。

脇壺(わきつぼ)の池
脇壺(わきつぼ)の池

「青池」から「沸壺(わきつぼ)の池」まで「ぶな自然林」を通って約600m、ゆっくり歩いて20分~30分位かかります。

「青池」の次に「青い」と言われており、透明度が高く底まできれいに見えます。

「青池」と並ぶおすすめの観光スポットです!

スタート地点の「森の物産館キョロロ」を出て、ここまでゆっくり写真を撮りながら歩いて1時間位かかりました。

「落口(おちくち)の池」

「沸壺(わきつぼ)の池」から先に進むと「落口(おちくち)の池」に到着します。

落ち口(おちくち)の池

「落ち口(おちくち)の池」を正面に見て、左に進むと「十二湖庵」というお茶屋さんと、トイレがあります。

また、右に進むとスタート地点の「森の物産館キョロロ」に戻ります。

ゴールは「森の物産館キョロロ」

スタート地点の「森の物産館キョロロ」がゴールです。

「青池」おすすめ観光コース 所要時間と注意点

「森の物産館キョロロ」をスタート、ゴールにした「青池」おすすめ観光コース。

「青池」を観光のメインに、「鶏頭場(けとば)の池」、「沸壺(わきつぼ)の池」、「落口(おちくち)の池」といった4つの池と、世界遺産白神山地のブナ原生林を感じさせる「ぶな自然林」」をめぐるコースとなっています。

所要時間は途中、写真を撮ったり、休憩したり、トイレに行ったりしながら1時間30分~2時間位まわれるコースです

注意点としては、コースの途中、登り坂、下り坂があったり、舗装された道、土の道、落ち葉が敷き詰められた道など、様々な路面となっています。

なので、足元は「トレッキング」に向いた靴で行かれることをおすすめします。

ヒール、サンダルでは辛いと思います。

また、基本的に山の天気なので急変することもあるので、雨具(カッパ、傘)は用意しておきましょう。

それから「飲み物」も忘れずに準備しておきましょう。

関連記事も合わせてご覧ください。

青池・十二湖アクセス

車の場合

秋田自動車道「能代南IC」で降りる。国道101号線を北に進む。

能代南ICからは約55km、約1時間10分位の距離です。

※青森方面からのアクセスの場合、岩木山を大きく迂回する形となるので遠回りとなります。

電車の場合

電車の場合はJR「十二湖駅」下車。

バス(弘南バス十二湖線)に乗り換え、「奥十二湖駐車場」下車。

所要時間は約15分位で、1日9便前後運行しています。

※時刻表、料金、運行経路は「弘南バス株式会社」の公式ホームページで(こちらから)ご確認ください。

旅兵衛
旅兵衛

みなさまの旅が楽しいものとなりますように!

ご注意:掲載されている情報が「最新」のものとは限りません。実際に行かれる場合には、事前に「ご自身」で「現地」の情報をご確認ください。「当サイト」の情報を元に不利益を被っても一切責任には応じかねます。

タイトルとURLをコピーしました