【中尊寺】に行ったら忘れずに!入口近くに「弁慶」のお墓が!

武蔵坊弁慶のお墓 世界遺産【平泉】観光
スポンサーリンク

平泉観光といえば中尊寺。

その中でも国宝「金色堂」は人気の観光スポットで、多くの観光客が足を運びます。

そんな多くの方が訪れる中尊寺ですが、中尊寺の山門(入口)を中尊寺と反対側に渡ったところに、なんと源義経の家来である【武蔵坊弁慶】のお墓があります。

弁慶のお墓の場所

中尊寺に来た多くの方は車を駐車場に停めて、そのまま中尊寺の境内の奥の方へ進んでしまいますし、帰りもそのまま駐車場に直行!

なんてことが多いと思いますので、意外と気がつかない方が多いかもしれません。

なので、中尊寺の山門(入口)近くに弁慶のお墓があるということを知っていると、ちょっと「ポイント」が高いかもしれません。

旅兵衛
旅兵衛

中尊寺の入口近くに、「弁慶」のお墓があることを知っていると、ちょっと「ハナタカ」になれますよ!

武蔵坊弁慶のお墓

弁慶のお墓がこちらです。

弁慶の身体に合わせたのでしょうか?

墓石もかなり大きなもの。

武蔵坊弁慶のお墓

弁慶の立ち往生

ところで、なぜここ平泉中尊寺に弁慶のお墓があるのか?

武蔵坊弁慶のお墓 建立由来

今から約900年前、ちょうど平安時代末期、日本では平家と源氏が天下をかけて争っていました。

平家と源氏の戦で、平家滅亡の立役者となったのが源義経。

軍事の天才で、次々と勝利を収めました。

平家との戦いで最大の功労者であった義経ですが、その後兄「頼朝」の怒りを買い、幼少期を過ごした平泉に逃れます。

弁慶は義経の家来であり、一緒に平泉に逃れます。

平泉をおさめていた奥州藤原氏は、当初義経を保護していましたが、時の権力者である頼朝の圧力に屈し、義経を襲撃することとなりました。

1189年義経は自害。

その時、主君である義経が敵の手にかかることなく、立派に自害するために、敵の前に立ちはだかったのが弁慶。

弁慶は自分の身体にたくさんの矢を受けながら、敵の前にたちふさがりました。

この時すでに弁慶は絶命し、立ったままその場に立ち尽くしたことを「弁慶の立ち往生」といいます。

この主君のために忠義を尽くした弁慶を想い、後に中尊寺の僧侶がこの地に石碑を立てたとされています。

旅兵衛
旅兵衛

主君「義経」のために最後まで忠義を果たした「弁慶」の生き様は素晴らしいですね

関連記事も合わせてご覧ください。

平泉観光スポット/高館義経堂(たかだちぎけいどう)とは?義経最期の地!
平泉観光スポットとしておすすめしたいのが高館義計堂(たかだちぎけいどう)。なんか難しい名前でどんなとこなの?って思う方もいるかもしれませんが、「源義経」や「松尾芭蕉」とゆかりのある地。義経はこの地で最期を遂げ、松尾芭蕉はこの有名な句「夏草や...

まとめ

中尊寺に行った時に、たまたま見つけた弁慶のお墓。

中尊寺の山門(入口)近くにあります。

みなさんも中尊寺に観光に行かれた際には、弁慶のお墓に立ち寄って、義経、弁慶に想いをはせて、手を合わされてみてはいかがでしょうか?

関連記事も合わせてご覧ください。

平泉観光スポット/世界遺産【中尊寺】残念!「金色堂」写真撮影は..
「世界遺産・平泉」の観光スポットとして人気の中尊寺について、見どころ、アクセス、駐車場、駐車料金、拝観料についてまとめました。中尊寺といえば国宝に指定されている「金色堂」です。想い出に写真や動画を撮りたいところですが、残念ながら撮影は...
平泉観光モデルコース/4時間(半日)で世界遺産を「サクッ」とまわる!
世界遺産「平泉」観光を計画されている方。平泉のどこの観光スポットがおすすめで、どうまわったらよいか?実際に平泉を調べ観光した私がおすすめの平泉観光コースをご紹介します。中尊寺、毛越寺、高館義計堂をめぐり、平泉グルメである「わんこそば」も...

タイトルとURLをコピーしました