弘前グルメ/「焼肉・冷麺 中道」さんで「前沢牛ステーキ」をいただく!

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 前沢牛ステーキ ご当地グルメ
スポンサーリンク

青森、岩手、秋田、宮城を3泊4日で旅した時に、奥入瀬渓流の紅葉を見るために弘前に宿泊しました。

その時、弘前に来たのだから青森グルメ弘前グルメを食べたいと考えたのですが、どうしても食べたいものがありました。

それは、岩手が誇るブランド牛「前沢牛」。

あいにく岩手では「前沢牛」を食べるチャンスがなかったこともあり、どこかで食べることはできないかと考えていたら、弘前の焼肉屋さん「中道」さんで食べられるという情報キャッチ。

ということで、弘前に宿泊する時に、「中道」さんで「前沢牛」を食べることにしました。

弘前で創業30年を超える老舗の焼肉屋さん「中道」さん

中道」さんは弘前で創業30年を超える老舗の焼肉屋さんで、冷麺も人気のお店。

弘前市内に2店舗を構えていて、今回私達は「さくら野店」さんにうかがいました。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 看板

私が「中道」さんに行ってみようと思った理由は、東北の和牛にこだわっているという点。

倉石牛、仙台牛、田子牛、前沢牛のA5ランクの最高品質の肉のみ厳選していいるということなので、美味しいお肉がいただけそうです。

また、「冷麺」も美味しいということなので、こちらも楽しみです。

※「冷麺」に関する記事は、関連記事をどうぞ
  弘前グルメ/「焼肉・冷麺 中道」さんで「冷麺」を食す!

「前沢牛」を「焼肉」ではなく「ステーキ」で!

以前から本場で一度は食べてみたいと思っていた「前沢牛」。

中道」さんではその「前沢牛」を「焼肉」でも「ステーキ」でも食べさせてくれます。

どちらで食べるか迷いましたが、「前沢牛」「ステーキ」でリーズナブルに食べられるお得なセットがあったのでそちらのメニューをチョイス!

熟成肉ステーキセット!平日限定3,000円!

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 熟成肉ステーキセット

前沢牛もも肉」が100g。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 前沢牛 熟成肉

こちらも東北のブランド豚「佐助豚バラ」。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 佐助豚バラ

カルビ、ロース、かぶりの焼肉。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 カルビ、ロース、かぶり

ごはん、わかめスープ、キムチもセット。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 セット

サラダもついていました。

弘前グルメ 焼肉・冷麺 中道 セット サラダ

前沢牛ステーキ」ですが、期待していた通り最高に美味しかった!

お肉はやわらかく、脂はそれほど強くなくかったですが、熟成されたお肉なのでお肉のうまみが感じられました。

青森、弘前で岩手で食べそこねた「前沢牛ステーキ」をいただけて良かったです。

青森観光で、弘前に行かれる方へ、弘前グルメとして「焼肉・冷麺 中道」さんをおすすめします。

旅兵衛
旅兵衛

「前沢牛」をいただくなら、「中道」さんおすすめします!

「焼肉・冷麺 中道 」さん  さくら野店 アクセス

「焼肉・冷麺 中道 さん  さくら野店 基本情報

  • 住所   青森県弘前市高崎2丁目15-1 さくら野弘前別館ラフォルテ1階
  • T E L    0172-26-4141
  • 営業時間   11:00~22:00(ラストオーダー21:30)※ランチタイム 11:00~15:00
  • 定休日   年中無休
  • 駐車場   あり ※ さくら野弘前店駐車場を利用
旅兵衛
旅兵衛

【車】の場合、東北自動車道、大鰐弘前ICから約9km、約20分。

【電車】の場合、JR奥羽本線、弘前駅より約1.5km、徒歩約15分です。

弘前城、奥入瀬渓流など、青森観光で訪れた際に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

弘前グルメ/「焼肉・冷麺 中道」さんで「冷麺」を食す!
奥入瀬渓流を観光するため、弘前に1泊。その夜、弘前で美味しい料理を食べたいと探したところ、「冷麺」の美味しいお店の情報をキャッチ!そのお店は「焼肉・冷麺中道」さん。創業30年の老舗の焼肉屋さんで、「冷麺」はお店の人気メニューとのこと。実際に食べてみてびっくり!その味は...
【奥入瀬渓流】散策モデルコース/4時間(半日)散策コース!観光名所もバッチリ!行きは渓流沿いを下って、帰りはバス!
【奥入瀬渓流】を4時間(半日)で散策するならこのコース!上流部の子ノ口からスタート!銚子大滝、雲井の滝、九十九島、阿修羅の流れなど、有名な観光スポットをまわれるコース。戻りは路線バスに乗って子ノ口まで行くので楽チンです。気のなるトイレも...
【青池】は青くなかった!なんで?【十二湖・青池】観光モデルコース、所要時間はどれ位?
世界遺産「白神山地」の西の麓にある「青池」。その名の通り透き通った見事な「ブルー」が見れるはずでしたが、残念な結果に!その理由は何なのか?また「青池」観光モデルコース、おすすめ観光ポイント、所要時間、注意点についてまとめました。

ご注意:掲載されている情報が「最新」のものとは限りません。実際に行かれる場合には、事前に「ご自身」で「現地」の情報をご確認ください。「当サイト」の情報を元に不利益を被っても一切責任には応じかねます。

タイトルとURLをコピーしました