奥入瀬渓流の「紅葉」の見ごろはいつ?意外と遅い方がいい?

奥入瀬渓流 阿修羅の流れ 紅葉 【青森】観光
スポンサーリンク

一年を通して様々な景色を移りだす奥入瀬渓流

新緑の「春」、避暑の「夏」、紅葉の「秋」、厳冬の「冬」といった四季折々の風景が魅力。

奥入瀬渓流のおすすめシーズンは、新緑の美しい5月下旬~6月上旬、そして「紅葉」が鮮やかな10月下種~11月中旬といわれています。

四季折々の美しさを魅せる奥入瀬渓流ですが、やはり「紅葉」の時期に行きたいという方も多いのでは。

この記事では奥入瀬渓流の紅葉の時期、おすすめ紅葉スポット、紅葉の時期の気温と服装についてまとめています。

奥入瀬渓流「紅葉」の時期は?

奥入瀬渓流で「紅葉」する主な木の種類は、ブナ、カエデ、トチノキ、オニグルミ、ヤマモミジ、カツラ。

奥入瀬渓流の「紅葉」の見ごろは、例年10月下旬から11月上旬とされています。

奥入瀬渓流の標高は上流部の子ノ口で約400m、14㎞下流の焼山で約230mで標高差が約200mあります。

なので、上流部の子ノ口から「紅葉」はじまり下流部に向かって徐々に「紅葉」が進んでいきます。

奥入瀬渓流 子ノ口 紅葉

上の写真は2018年10月18日の奥入瀬渓流上流部の「子ノ口」の様子で、まだ「紅葉」が色づきはじめたといった状況でした。

せっかく奥入瀬渓流まで足を運んで「紅葉」を見に行くなら、「紅葉」の見ごろを迎えた頃に訪れたいと思ういますよね。

日帰りで気軽に行ける方は別ですが、宿泊して行かれる方は事前に宿泊先も予約しておかなければなりません。

「紅葉」の見ごろを事前に予測するのは難しいですが、奥入瀬渓流が「紅葉」の見ごろを迎える可能性が高い時期を申し上げれば、11月に入ってからではないでしょうか。

10月末には「紅葉」の見ごろを迎えそうなイメージですが、意外と遅い気がします。

特に人気の観光スポットである「阿修羅の滝」などは上流部から下った位置にあるので、上流部より「紅葉」の見ごろは遅くなることを頭に入れておきましょう。

奥入瀬渓流が「紅葉」の見ごろを迎える可能性が高いのは11月に入ってから。
11月第1週の週末位が狙い目ではないでしょうか。
あくまでも予測なので、その年の天候や気温によって「紅葉」の進み具合は異なりますので現地の情報をご確認ください。

奥入瀬渓流「紅葉」おすすめスポット

奥入瀬渓流のおすすめ紅葉スポットは、無数にあるのではないでしょうか。

その全てが絵になりますが、やはり「阿修羅の流れ」、「九十九島」、「銚子大滝」、「雲井の滝」、「九段の滝」などのメインの観光スポットが人気のようです。

メインの観光スポット以外でも、魅力的な紅葉スポットはたくさんあると思いますので、自分だけのお気に入りの場所を探してみるのをおすすめします。

奥入瀬渓流 阿修羅の流れ 紅葉
阿修羅の流れ
奥入瀬渓流 銚子大滝 紅葉
銚子大滝

奥入瀬渓流の「紅葉」時期の温度と服装

紅葉の見ごろを迎える11月の平均気温は6.5℃、最高気温平均が12℃前後、最低気温平均が2℃前後。

朝晩はかなり冷え込むようになりますので朝の散策、くもり空の日や日中でも日陰は寒いので、防寒対策はしっかりした方が良いです。

「フリース」「ダウンジャケット」などで寒さに備えた方が良いでしょう。

奥入瀬渓流アクセス

東京からで行く場合、【奥入瀬渓流】「子ノ口駐車場」までは、首都高速、東北自動車道を通って「十和田IC」で降りて、国道103号線を進みます。
東京から「子ノ口駐車場」まで約660km約9時間の距離となっています。
「十和田IC」から「子ノ口駐車場」まで約42km約1時間30分の距離となっています。

東京から電車で行く場合、【奥入瀬渓流】「焼山」までは、東北新幹線「八戸」駅約3時間)で降り、ジェイアール東北バス「おいらせ号」約1時間25分の距離となっています。

旅兵衛
旅兵衛

みなさまの旅が楽しいものとなりますように!

ご注意:掲載されている情報が「最新」のものとは限りません。実際に行かれる場合には、事前に「ご自身」で「現地」の情報をご確認ください。「当サイト」の情報を元に不利益を被っても一切責任には応じかねます。

タイトルとURLをコピーしました