伊勢神宮を参拝するなら【外宮】から/観光時間はどれ位?参拝料金、参拝時間、駐車場、駐車料金は?

伊勢神宮 外宮 【伊勢】観光
スポンサーリンク

「外宮」から参拝するのが正式

日本人なら一度は行きたい伊勢神宮。

伊勢神宮は「内宮」と「外宮」に分かれていて、それぞれ少し離れた場所にあります。

「内宮」に祀られている天照大御神(あまてらすおおみかみ)。

「外宮」に祀られているのは豊受大御神(とようけのおおみかみ)で、それぞれ神様が違います。

ところで、「内宮」と「外宮」と2つに分かれている伊勢神宮ですが、参拝する順番は決まっていて「外宮」から参拝するのが正式とされています。

時間がなかったり、観光ルートの関係で一つだけ参拝したり、「内宮」を先に参拝してしまうケースもあると思いますが、正式な参拝の順番があることも知っておきましょう。

「外宮」観光時間は約1時間

「外宮」は正式には「豊受大神宮」(とようけだいじんぐう)といいます。

伊勢神宮 外宮 案内

「内宮」の天照大御神(あまてらすおおみかみ)の食事を司る神様とされています。

「外宮」には「正宮」(しょうぐう)と3つ「別宮」(べつぐう)があります。

伊勢神宮 外宮 域内案内図
伊勢神宮 外宮 火除橋

火除橋(ひよけばし)を渡って、「外宮」の中へ進みます。

伊勢神宮 外宮 正宮

正宮(しょうぐう) 正式には「豊受⼤神宮」 「豊受⼤御神」(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。

「外宮」参拝のメインになります。

伊勢神宮 別宮 風宮(かぜのみや)

風宮(かぜのみや) 風雨を司る級長津彦命(しなつひこのみこと)、級長戸辺命(しなとべのみこと)をお祀りしています。

伊勢神宮 別宮 多賀宮(たかのみや)

多賀宮(たかのみや) 豊受大御神(とようけのおおみかみ)の「荒御魂」をお祀りしています

伊勢神宮 外宮 別宮 土宮(つちのみや)

土宮(つちのみや) 地主の神である大土乃御祖神(おおつちのみむやのかみ)をお祀りしまています。

伊勢神宮 外宮 参道

「外宮」の境内は樹齢何百年という大木が生い茂り、その姿を眺めているだけで心が癒されます。

「外宮」の見どころは「正宮(しょうぐう)」と3つの「別宮(べつぐう)」で、すべて見て境内をゆっくり散策しても約1時間もあれば十分だと思います。

「外宮」参拝料金、参拝時間

「外宮」を参拝するために、「参拝料」などはかかりません。

不安になる方もいらっしゃると思いますが、「外宮」も「内宮」も参拝するための「参拝料」はかかりません。

「無料」なのでご安心を!

また、参拝時間は月によって異なります。

  • 1月・2月・3月・4月・9月    午前5時~午後6時
  • 5月・6月・7月・8月       午前5時~午後7時
  • 10月・11月・12月 午前5時~午後5時

「外宮」駐車場 駐車料金は?無料なの?

「外宮」へ車で行く場合に気になるのが駐車場の有無、場所、料金。

「外宮」には駐車場があります。

場所は「外宮」の正面入り口付近。

第1(50台)、第2(210台)、第3(60台)まであります。

「料金」は無料。

ただし、2時間までとなっていますのでご注意を。

また、伊勢神宮「外宮」「内宮」の駐車場に関する情報は「らくらく伊勢もうで」というサイトで確認すると大変便利です。

駐車場の場所、空き情報なども確認できますので、伊勢神宮へ「車」で出かける方はこのサイトを利用されることをおすすめします。

「らくらく伊勢もう」で 公式サイトはこちらから

よろしければ、関連記事も合わせてご覧ください。

伊勢・志摩「観光モデルコース」/【車】でまわる2泊3日の旅~伊勢神宮 外宮・内宮、おはらい町・おかげ横丁、猿田彦神社、夫婦岩、鳥羽展望台をめぐり「はいふう」さん・露天風呂付き客室に宿泊!
車で行く、伊勢・志摩の観光モデルコースをご紹介します。2泊3日で伊勢神宮、猿田彦神社、夫婦岩、おはらい町、おかげ横丁、鳥羽展望台をまわり、2日目の夜は「はいふう」さんに宿泊!露天風呂付客室で温泉三昧!夕食は創作和風フレンチを堪能!
【三交イン伊勢市駅前】/伊勢観光でリーズナブルに宿泊するなら!
【三交イン伊勢市駅前】/伊勢観光でリーズナブルに宿泊するなら!
伊勢・志摩おすすめ温泉宿  磯部わたかの温泉「はいふう」さん【宿泊ブログ】【源泉かけ流し】【露天風呂付客室】に宿泊!アジアンテイストなお部屋で、海を見ながら入る露天風呂が最高!夕食は創作和風フレンチ!
伊勢・志摩のおすすめ温泉宿「はいふう」さんに宿泊。源泉かけ流し、露天風呂付客室で、海を眺めながら温泉につかる!夜は地元の新鮮な魚介類を使った創作和風フレンチに舌鼓!ちょっとしたリゾート気分が味わえる素敵な温泉宿です!
旅兵衛
旅兵衛

「外宮」への旅が楽しいものとなりますように!

タイトルとURLをコピーしました